綺麗に片付けをしてもすぐに部屋がごちゃついてしまったり、部屋が物であふれてしまう、そんな片付けられない人っていますよね。
片付けられない人というのはいったい何故でしょうか。
今回は片付けられない人の性格の特徴と、その行動について考えていきたいと思います。

最も多い片付けられない人の性格というのは、めんどくさがり屋な人です。
こういった人たちは、今できる片付けでも後でやろうと考えたり、大掃除の時に一気に済ませてしまおうという考えがあるため、なかなか片付けるということ自体に取り掛かりません。
なので、どんどん部屋の中に物があふれてしまい散らかっていきます。
そして、一旦部屋が散らかりだしてしまうとますます片付けることが面倒になり、もっと片付けなくなる悪循環の出来上がりです。
このような性格の人は、それ以外に日頃の行動でも面倒な物事を後伸ばしにしたり、メールの返信が遅かったりという特徴もありますので、もし自分に当てはまったら注意しましょう。

次に片付家内人は持ち物が多いです。
部屋に収納できる面積よりも持ち物の数の方が多いため、収めきれずに部屋が散らかってしまいます。
物の多い人は、浪費癖がある人やもったいない精神が強いとという性格の人であることが多いです。

浪費癖のある人は、物を買うことでストレスを発散します。
しかし、物を買うという行為そのものがストレス発散になっているため、買っているもの自体は大して必要のないものだったりします。
なので、部屋の中には一度も使っていない家電があったり買ってから一度も着ていない洋服がクローゼットにしまいこまれたままということが多いです。
買い物をするという行為そのものが趣味だという場合、部屋に不要な物が増えすぎてしまって散らかってしまう人が多いです。

また、もったいない精神が強い人は、例えば対して自分の趣味でもない贈り物やもらい物などもいただきものだからと言って捨てられなかったり、もう今は使っていない物でも買った時高かったからなどという理由でなかなか物を手放すことが出来ないため、部屋に物があふれます。
何かと理由をつけて物を捨てられない性格の人もまた、部屋に物がどんどん増えていってしまうため、片付けなければいけない量が多すぎて散らかってしまう傾向にあります。
そして、こういった傾向の人は安い商品やお得な商品に弱いという特徴もあります。
今買わないともったいないと思ってしまい、つい家にまだあるのにストックを買い溜めてしまうなどということが多々あります。

そして、部屋がなかなかすっきりしない人の特徴としてもう一つ、そもそも片付けのやりかたが間違っているという場合があります。
こういった人は、片付け自体はきちんと出来ますし掃除をすればちゃんと綺麗な部屋にすることが出来るのですが、根本の方法自体が間違っているので、すぐにまた部屋がごちゃついた部屋になります。

例えば、机の上を片付けようとしたとき、ただ単に書類をひとまとめにしたり、散らかっているものをただ引き出しにしまうなどしている人は要注意です。
この片付け方は、一見綺麗になったように見えますが、使用頻度の高いものも低いものもただしまいこむだけなので、また机を使い始めた途端同じことが繰り返されてしまいます。
それにこんな片付け方では、よく使うものなのに取りにくい場所にしまいこんでしまうことも多いため、結局机の上に出しっぱなしになったりします。

また、このような片付け方をしているのには、今あるものは捨てずにとにかく収納しようと考えがあるからです。
部屋が片付かずに散らかっていく一番の原因は物の量です。
必要なものをと不要なものをまず分けなければいけません。
収納の前にまずは物を捨てるところから始めるようにしましょう。

もう一つ、収納グッズにこだわりすぎている場合もあります。
実際収納グッズの使用は綺麗にするのに便利ですが、そのグッズに場所を取られてしまい、いっぱいになってしまうということがあります。
一見綺麗なようですが、収納グッズであふれてしまっている状態なので散らかって見えてしまいます。

最後に、精神状態が不安定なときも部屋の中が散らかることがあります。
仕事が忙しく疲れていたり、良くない出来事があって落ち込んでいたりすると、部屋を綺麗にするというところまで考えが回らず、部屋の中がごちゃついていくことがあります。
なので落ち込みやすかったり、ストレスを溜め込みやすい人は、部屋が散らかりやすくなります。
こういった場合、ストレスや悩みをなくすよりもまず部屋をスッキリ片付けると気分も変わり、意外にすんなり綺麗な部屋の住人に変われる場合があります。

掃除しても何故かすっきりしなかったり、何故かいつも散らかってしまうという人には、このような性格や行動の特徴が多くあります。
もし、自分の部屋がなんだかいつも散らかっているみたいだ思ったら、一度日頃の行動を見直してみてください。
もしかしたらこのような傾向があるかもしれません。
散らかしやすいポイントを見つけて、すっきり綺麗な散らからない部屋を目指しましょう。