片付けや掃除ができずに、足の踏み場すらなくなって部屋を見たことがあります。

それは、昔の私の部屋です。

子どもの頃ですが、兄弟3人で一つの部屋を共有していたため部屋を3つに仕切るようにして使っていたのですが、私のスペースだけなぜかいつも物が溢れかえっていました。

私の場合は物が散乱しているのではなく、教科書やノートや洗濯してたたんでもらった服などが山住になっていたり、おもちゃやゲームが使ったままの状態になっていたり、お土産など飾っている物が多すぎてまとまっていなかったりと、とにかく物が多すぎました。

親にも何度片付けなさいと叱られたことか、数え切れません。

現在はパートナーと同棲をしていますが、私が部屋の片付けや掃除を欠かさずやっています。

自分の苦手だったことができるようになったのは本当によかったですが、片付けや掃除ができるようになったのは、一人部屋をもらいパートナーを家に呼ぶようになったころ、大学生になってからです。

これまで家に友達を呼ぶこともなかったため、部屋は私一人だけの空間だったので汚れていても何も気になりませんでしたが、やはり誰かを招くとなると汚れた部屋ではいけないと思えるようになり、そこからきれいを保つことができるようになりました。

今思えば、部屋が乱れていたあの頃は、勉強や習い事などいろいろなことを頑張らないとと一生懸命だったり、もう何もかもどうでもいいと荒れたりしていました。

時間にも心にも余裕がありませんでした。

思春期でもできている人はいるので言い訳にはしたくありませんが、思春期はは心が乱れやすいですので、それも原因の一つだったように思います。

現に、私の妹が思春期で部屋の片付けや掃除ができていない現状があります。

昔の私の部屋と同様に、足の踏み場がなくなってしまっています。

また、妹の場合は、お菓子のゴミや飲み物のゴミも少し落ちていて、このままいったらゴミ屋敷になってしまうのではないかと心配になるほどです。

妹の場合は、友達を家に呼んだり部屋に招いたりもしているので、その時だけ片付けや掃除をしているようですが、きれいになるのは一瞬で次の日にはまたいつも通りの部屋に戻ってしまいます。

やはり他人に片付いていない掃除ができていない部分を見せるということが恥だとは感じているのかもしれません。

それならいつもきれいにしておけば苦労することもないのにとも思いますが、私も昔は同じことをしていたので強くは言えません。

私も恥じらいがあったから部屋をきれいに保てるようになったわけで、他人の評価を気にしすぎることは心を窮屈にしていまいますが、ある程度は周囲の目を気にすることで直したいことや直した方がいいことを改善する手がかりになるのかもしれないと感じました。

現在私は、同棲という形ですがパートナーつまり好意を持っており心を許せる存在と一緒に生活をしているわけですが、やはりいくら心を許せるようになったとしても部屋が乱れるという現象が再び現れることはありません。

まだどこかに恥じらいがあるからかもしれませんが、私は心に余裕ができたからのように感じています。

仕事と家事の両立は大変ですが、休日はゆっくり休めますし、何しろ好意を持っている人と一緒にいられることに幸せを感じているので、気持ちに余裕が生まれている気がします。

だからこそ、頑張っている自分を素直に褒めることができるし、失敗してしまった自分も素直に慰めることができています。

思春期で心が乱れていたころに比べて、各段に成長しているように感じます。

自分に甘いのは良くない気がしますが、自分に優しくすることは良いことだと思います。

私の場合、もともと片付けや掃除が嫌いだったわけではなくできなかっただけで、やり始めたら止まらなくなるくらい片付けと掃除をしていたので、今もその自分の特性に合わせて、普段は軽く片付ける程度に留めて身体と心への負担を減らし、休日など時間があってやる気が漲ってきたときに一気に片付けと掃除を済ませるようにしています。

部屋が乱れていたころ、部屋の片付け方や掃除の仕方の本を薦められて読んだことがありましたが、本の通り上手くいくことはありませんでした。

決して本に載っていたやり方が間違っているなんて思ったことはありませんが、手間だと感じたり難しいと感じたり、続かない気がしてしまったのです。

やはり自分自身に合ったやり方があるはずなので、それを見つけることができれば楽になると思います。

自分に合ったやり方だと独自でも融通がきくし、いろいろなものに縛られないので余裕を保ちつつできるのがメリットでだと思います。

ただ片付けや掃除を専門としている人もいるので、それを参考にしつつ自分に合ったやり方にアレンジするのが最適かもしれません。

部屋は心をも映す鏡です。

部屋の乱れは、心の乱れを表します。

いつもできる限り時間と心に余裕を持って、誰にも縛られない自分なりの方法でも何でもありで、きれいを保てるようにしていきたいです。