最近よく聞くADHDやASDという発達障害を知っていますか?生まれつきの脳機能の発達のかたよりで起きる特性です。生まれつきという事で、幼児のうちから症状が出ることもあれば、成長につれその部分に気づくこともあります。

発達障害の特性があっても診断基準に満たない症状は「グレーゾーン」と言われています。発達障害は数値での基準などがないので、見極めづらい症状なのです。

ADHD(発達障害)とは
ADHDとは、注意欠陥多動性障害とも呼ばれ不注意・多動性・衝動性の3つの症状があります。「集中力がない」「気が散りやすい」「落ち着きがない」「じっとしていられない」「忘れ物が多い」「順番を待てない」などいろんな要素があり、現れ方の傾向は人により違います。

ADHDのタイプは特徴により3つに分かれます。
・不注意優勢型は、不注意の特徴が強いタイプです。注意散漫や忘れ物が多いなどの特徴で、おとなしく目立たないので、ADHDだと気づかれません。

・多動性・衝動性優勢型は、多動性と衝動性が強いのが特徴です。落ち着きがなく、授業中に歩いたり、おしゃべりが止まらないなどの特徴があります。衝動が抑えられないこともあり、乱暴な子ととらえられ大人からもよく怒られます。

・混合型は、不注意・多動性・衝動性のすべてが現れるタイプです。どれが強くでるかは人により違います。忘れ物が多く、物をなくしやすい、落ち着きがないなどの特徴がみられます。

ASDとは
ASD(自閉症・アスペルガー症候群)は、自閉症スペクトラム障害とも呼ばれます。社会で必要な、コミュニケーション力・想像力・社会性に問題がある場合が多いと言われ「変わっている」と思われることが多いようです。

自分の世界と他人の世界の境界線がわかりにくいので、「ニュートラルゾーン」といわれる適度な距離感を取るのが苦手です。そのため相手の気持ちをおしはかることができず「空気が読めない発言」をして会話が成り立ちにくくなります。

こだわりが強いことも特徴です。他人に悪影響を与えない程度なら問題ありませんが、強すぎると単なる「わがまま」となり集団行動をする上では問題になります。強いこだわりは上手に活かせば、本人の自尊心を高め長所となることもあります。

ASDの方は、音や光、肌触り、歯ごたえなどの感覚に鋭敏だったり、鈍感だったりします。周囲からは気づきづらい感覚ですが、このことで乗り物に乗れなかったり、特定の音が苦手で特定の場所に行けない、味や食感が鋭敏で食べ物が偏ったりもします。

診断を受けるには
ADHDやASDの診断を受けるには、神経科や精神科、神経内科などの受診が必要になります。受診する場合は、専門の医師がいるか事前に問い合わせすると良いでしょう。

診断する場合の問診では、日頃の様子など聞かれますので振り返ることのできる記録や日記、母子手帳、通知表などを持参するのが良いでしょう。

発達障害を診ることのできる医療機関はまだ多いとは言えません。お住まいの自治体や障害福祉課などの発達障害に詳しい医療機関の情報を集め病院を選ぶことが大切です。

大人になってわかるADHDとASDについて
子ども特有と思われていた発達障害ですが、最近では大人のADHD・ASDに悩む方もいます。成績優秀なのに協調性がなく、臨機応変な対応ができないなどで仕事や生活が困難になっていることがわかりました。

小さい頃は、「ちょっと変わった」や「わがまま」で済んでいましたが、大人になるとできないことが目立ちます。周りとの人間関係を築くことができなかったり、仕事のミスが増えたりと様々なことが起こります。

ASDの場合は、抽象的な指示を理解できないことがあり、「いい感じ」「多めに」などの表現は判断ができず困ってしまいます。そして、臨機応変な対応が苦手なのでマニュアルや具体的な数字を入れた指示というものが必要になります。

治療について
・子どもの場合
子どもの発達に保護者が気づくのは、1歳6か月検診や3歳児検診がきっかけとなることが多いと言われています。泣き方が激しい、なかなか寝ないという育て方に違和感を持つママが検診で様子を見て「療育」を案内されることが多いようです。

「療育」とは、社会的に自立できるように治療と教育することで、訓練してみんなに追いつくことが目的ではありません。生まれつきの脳に問題があるので、治療して治るものではないのです。

お子さんを育てる親にとっても、専門家から子どもの特性を教えてもらえるなどのメリットもあります。「育て方が悪かったのかな?」など母親は自責の念を持ちやすいので、それが特性であるとわかることで自分を責めることから逃れることのできます。

・大人の場合
ADHDやASDなどの発達障害は、脳機能のかたよりが原因なので、治すことはできません。でも環境の改善、薬物療法、スキル取得などで生きやすくすることはできます。

ADHDでは「環境調整法」というものがあります。これは環境を改善し日常生活の困難を解決することが目的です。物の管理が苦手で、散らかってしまう人は片付ける場所をしっかり決めること。

予定を忘れる人はスマホのリマインダー・アラーム機能を利用したり、金銭管理が苦手なら家計簿アプリを利用したりすること。ツールやルールで環境の調整を図ります。

ADHDは神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミン不足で、情報伝達が十分にできないと考えられています。現在は、大人のADHDの治療薬として承認されている薬もあります。

ASDには、根本的に治療する薬はありません。環境改善やカウンセリングが基本になります。思春期以降に不安症状やうつ症状が現れた場合に、抗不安薬や抗うつ薬を服用することがあります。

ADHDやASDは治療というよりは、改善することが目的になります。苦手なことを理解し、生活を工夫することで生活を改善することができます。